« 怖いけどチョット見たい!! | トップページ | リンの変な癖 »

2006年8月16日 (水)

リンの生立ち

P1000521 以前書きましたが リンはどうやら生まれ付きの野犬ではなく 子犬の時山奥に捨てられ 野犬の雌犬に育てられた様です。

その理由とは
1、母犬とその子供たちは柴のMIXであるのにリン1匹が 姿形が異なる事

2、保護された時 生まれつきの野犬の子供が凶暴なのに比べリンは 無抵抗で鳴き声さえ上げ無かったこと

3、冬の間リンは家の中に閉じ込めて飼っていました。オトイレは時間を決めて朝昼晩夜中と外に連れ出してさせていました。ある時 仕事で夕方に帰宅出来ず午後8時に帰宅したときその日は寒くリンもミックも我慢が出来なかったのか2匹は家の中でお漏らしをしてしまいました。
ミックはトイレトレイニングをしくじり 家の中でオトイレができず外でさせていたので その日は廊下で大シッコとその上大ウンチをやらかしていました。
リンの方はと云うとバスマットの上にオシッコをしています。
一度だけならまぐれと云うことも有りますが その後粗相する時は キッチンマットの上 新聞紙の上・・・共通する事は四角い物の上でする事なんとなくかってトイレトレイニングを受けていたのではと云うことです。トイレトレイニングを受けてから捨てられた?3~4ヶ月ごろ捨てられたのではと推測されます。

3~4ヶ月の子犬が山奥で生きていけると捨てた人は思ったのでしょうか
保険所に持つて行くのが忍びないのは 分かりますがはたして子犬が1匹で山奥で育つはずが有りません 野犬の雌犬に出会は無かったらリンの命は今頃無かったでしょう

リンを譲り受けた数日後 フリーペーパーのペット欄に「生駒の山奥で保護雄推定10ヶ月」写真入りでその写真にはリンに良く似た犬が写て居ました。

私はその写真を見たときピーンと来ました。この子はリンの本当の兄弟だと

面白かったらぽちっとお願いします。

愛の手を

|

« 怖いけどチョット見たい!! | トップページ | リンの変な癖 »

コメント

トラックバック ポイントのご案内

ブログを拝見して!コメント失礼致します。
企業とブロガーさんを結ぶ、トラックバックTBの
マッチングサイトを運営しております。

TBでポイントが貯まり、そのポイントが地域の
ボランティア団体に寄付される、ベルマークのような
システムです。一度ご覧頂ければ幸いです..
http://minitomato.com/blog

投稿: ミニトマト編集部 | 2006年8月17日 (木) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖いけどチョット見たい!! | トップページ | リンの変な癖 »