« 優良番犬リン | トップページ | 寝起きの悪い犬 »

2007年1月 7日 (日)

ドッグイヤー

またまた朝日新聞からの記事からなのですが
ドッグイヤーと云う言葉が有るそうです。
決して去年の戌年の事を指すのではなく
人間の何倍もの速さで年をとる犬にたとえた言葉だそうです。
情報通信分野の進化スピードを表す言葉だそうです。

P1010440

犬の成長は早く 仔犬はあっという間に人間の子供の年を追い越し老いぼれ虹の橋を渡って行ってしまいます。

雌犬は出産を経験すると落ち着き賢く成ると聞いております。
昨日TVを見ていたら警察犬見習いの雌犬が何度も試験に落ちそこで出産を経験させ再度試験にチャレンジすると言うドキュメントをやっておりました。

犬は半年もすると次世代を身ごもる事ができます。
しかしリンは避妊手術をしたので出産は出来ません。

ドッグイヤーと云う言葉を聞き 我が家の犬達がなお愛しく思われてきました。

人間より短い時間を生きる犬達の時間を無駄にしては可哀相と思うしだいです。

面白かったらぽちっとお願いします。

愛の手を

|

« 優良番犬リン | トップページ | 寝起きの悪い犬 »

コメント

ちゃあ様へ
ドッグイヤーと云う言葉 私も朝日新聞の記事で知りました。
情報通信分野の進化スピードに例えられるほどの速さで年を取る犬達 この記事を読みそれ程早く犬は年を取るのかと再認識したのです。

投稿: リンママ | 2007年1月 8日 (月) 09時43分

ドッグイヤー、初めて聞きました。
てっきり犬年齢のことかと思いましたが、そこからさらにそれを例えにした言葉だったのですね。
確かに情報分野の進化のスピードは速く、その裏には凄い努力がありますね。
ワンコも凝縮した中に人間と触れ合おう、飼い主を理解しようとする努力は涙ぐましいものがあって、ドッグイヤーの例え、なるほどな!と思いました。
本当におっしゃる通り、時間を無駄にしては可愛そうですね。
日々、まっすぐに向き合ってあげたいです。

投稿: ちゃあ | 2007年1月 8日 (月) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優良番犬リン | トップページ | 寝起きの悪い犬 »