« ストップ ザ ノーリード | トップページ | その後のラッキー »

2007年1月13日 (土)

ノーリードの悲劇

Save The Petsに協賛します。

Save2_4 Stip3_3

ラッキーは守口の土居公園で拾われました。
ラッキーを拾い間も無いころでした。
仔犬のラッキーをノーリードのまま その公園で夕方遊ばせておりましたところ、大きな立派な秋田犬を連れた人が公園に入って来ました。

ラッキーはその秋田犬に真しぐらに駆け寄りました。その時秋田犬を連れた人物がラッキーを蹴り上げました。

その場に居た私と幼い娘はビックリするのと、その人物と秋田犬が怖くてラッキーを抱きかかえるのが精一杯でした。

その時はその人物にとても腹を立てましたが 後に蹴り上げた事がラッキーの命を救ったことに気が付きました。

その人物が蹴り上げてラッキーを秋田犬から遠ざけないとラッキーは間違いなく秋田犬に噛み殺されたことでしよう。

この事を後の事件で気が付かされたのです。

P1010474_1

(意味も無く2ワンの2ショット)

第2の事件とは

やはり引っ越して間もない頃 例によりノーリードで山道を歩いていた時です。
バッタリと秋田犬を連れた方と出くわしてしまったのです。
その当時ラッキーはとてもフレンドリーな犬でしたのでその秋田犬と遊ぼうとしつぽを振りながら駆け寄りました。

その瞬間 秋田犬はラッキーの太ももにがっぷり噛み付ラッキーが悲鳴を上げました。
秋田犬の飼い主は自分の犬を蹴り上げラッキーから離してくれました。

「すみません すみません」私達は先方に謝りながらも痛みでうずくまるラッキーをいたわりながらラッキーの傷を見ると見事牙の後がぽっかり太ももに開いておりました。

1週間ラッキーは犬小屋から出てきませんでした。

お医者さんには一日おきに3回 往診して頂きました。

傷は膿 歩く度に傷口から膿が飛び出ました。

治るのに約1ヶ月は掛かりました。

リードを着けていればこんな事に合わなかったのにと後悔ばかりでした。

この後ラッキーはズーとリードで散歩しました。

面白かったらぽちっとお願いします。

愛の手を

|

« ストップ ザ ノーリード | トップページ | その後のラッキー »

コメント

大変な思いをされたのですね、犬にも性格があるから、我が家の近くにも秋田犬を飼ってらしゃる方がいましたけど、とても利口でフレンドリーでした。
子供の頃に飼ってた犬はシェパードに咬まれ、災難でした。あの頃は犬は自由に遊んでましたね、近所の犬と喧嘩もしてましたけど、小さい村でしたので、誰かが止めてくれました。皆、何処の犬かを良く知ってました。
いまではそんなことは考えられない時代になり、犬も可哀想、飼い主もよほど気を付けなければ訴訟にまでなる時代です。
我が家のチョビ、若いときは首輪抜けを覚え、良く脱走してました。それでも、ノンビリした田舎なので事故に遭うこともなく、犬と喧嘩になることもなく、時間が過ぎました。
いまでは少し都会になり、車も多くなり、はなれ犬を見かけることも少なくなりました。
これも小さな田舎だけど、指導が良いのだろうと感じてます。
広い人様に迷惑にならないところで思いっきり、走らせたいです。でも、そこまで連れて行くのに疲れてしまいます。(^^;)

投稿: nekosann | 2007年1月15日 (月) 11時35分

イワノリ様へ
秋田犬に縁が有るのはラッキーだけでは無いのです。
近所に秋田犬のMIXがいるのですが、これがミックを目の敵にして何度も襲ってきたのです。
この犬はラッキーにも攻撃をして飼い主はリードを持ったまま倒れ気を失いました。
ミックは何度も追いかけられ小競り合いを繰り返しております。
親子共々秋田犬に縁が有るようです。

投稿: リンママ | 2007年1月14日 (日) 18時15分

ちゃあ様へ
ノーリードでは本当に嫌な思い出がいっぱい有ります。突然襲ってきますので抱きかかえるなんてとてもとてもできません!!
犬は咬んでも咬まれても嫌です。
それを防ぐには飼い主のマナーですよね。

投稿: リンママ | 2007年1月14日 (日) 18時09分

ドッグランのような場所がたくさん増えてくれるとノーリードの悩みもちょっと減るのかなあといつも思っています。

ラッキー君は秋田犬に縁があるワンコだったんですね・・・。

投稿: イワノリ | 2007年1月14日 (日) 12時35分

その時の状況がどうなのか分かりませんが、恐らく秋田犬の飼い主さんとしては、それがベストの対処だったのでしょうね。
蹴りはしませんでしたが、ゴールデンの良く訓練された方がノーリードのビーグルが突進してきて、いくら訓練・躾が出来ていてもサイズも違うので襲うと困ると思い重いゴールデンを抱き上げたとおっしゃってました。
咄嗟のときに、もし犬が本能を出したら大変なことになるとの思いからだったとのことです。
確かにノーリードで走り遊ぶことは犬にとっても飼い主にとっても魅力のあることですが、何かあったら後悔しても間に合いませんものね。
リンママさん、3日間に渡り貴重な体験談ありがとうございました。

投稿: ちゃあ | 2007年1月14日 (日) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストップ ザ ノーリード | トップページ | その後のラッキー »