« 体内時計 | トップページ | バトン2 »

2007年2月10日 (土)

小石を投げる子供

今日庭に出ている2ワンがやけに吠えるので窓から見ていますと 白い小石が私の目の前に転がって来ました。
続いてもう一つ リビングに居ました主人が庭に出ると小石を投げていた裏に住む幼稚園年少組みの女の子に「どうして犬に石を投げるのだ!おじさん怒るぞ」と声をかけました。(もうすでに十分怒っているけれど)
女の子は「ごめんなさい」と直ぐに素直に謝ったのでその場は終わりました。
P1010562

そう云えばラッキーがまだ外飼で隣に家が建つ前 空き地に繋いでいますとやはり今回の様に酷く吠えるので窓から覗くと幼児が二人(一人はまだおおきなオシメをしています。)紙コップを手に持ちそのコップから小石を取り出し投げつけました。
「こらー!!あなた達なにをしてるの!!」
幼児はにやにやしながら逃げて行きました。

別の日又もやこの幼児の一人が近所の繋がれた犬に向かい小石を投げており 再び 
「こらー!!犬に石を投げるの止めなさい!!」と叫んでいる時其の幼児の母親が現れたので「お宅のお子さんが犬に向かって小石を投げていましたよ 注意してください。」と
たのみました。

ラッキーはそのこ達を覚えており其の子が成長しても家の前を通りますと吠えておえりました。

どうして子供は繋がれ抵抗できない犬達に小石を投げるのでしよう 犬は言葉が話せないので訴えることができません。
その場面を見ていなければ犬がなぜこんなに酷く吠えるのか解らなかったでしよう。

この日はもう一件似た事がありました。
散歩をしておりましたら前方に水鉄砲を持つ幼児(この子も女の子)がおりました。
幼児はその水鉄砲をミックの方に向けております。嫌な予感が・・・幸い水鉄砲は発射されずにすみました。
でも確かに狙いはミックに向けられたのです。
何故か悲しく成りました。
P1010406

生善説 生悪説が有りますが どうやら生悪説の方が正しいのではと思ってしまいます。
彼ら彼女らは自分が悪い事をしていると言う意識が無いようですね。
ただ小石を投げると犬がワンワン吠えて面白いと思っているのでは。

彼ら彼女らにはやって良い事悪い事を良く教えないと将来虐めに走るようになるのではと空寒い気がします。

面白かったらぽちっとお願いします。

愛の手を

|

« 体内時計 | トップページ | バトン2 »

コメント

nekosann様へ
そのお子さんの親御さんの反応は?
どうせ死ぬからとは・・恐ろしい言葉ですね。
関係ない?関係ないけれど見過ごせない行為ですよね。
生き物の命と云うものを小さい時から教えるべきですね。

投稿: リンママ | 2007年2月13日 (火) 19時19分

maromama様へ
本当は小石が当たるとどれほど痛いか体験させるのが一番手っ取り早い教育なのでしょうが、そう云う訳にはいきませんので、言葉で注意するしかないですよね。
言葉で注意てまだるこしいですね。

投稿: リンママ | 2007年2月13日 (火) 19時13分

タロウの母様へ
子供て残酷ですよね。弱い者をかばうと云う事を小さい頃から教えて行かないと虐めにすすむのでしょうね。
自分が面白ければ他の者が苦しんだり悲しんだりしてもいいとこの頃の子供は思っているから虐めが減らないのだと思います。
ベロちゃん子供達に石をぶつけられ痛かっただろうと思い可哀相でしたね。

投稿: リンママ | 2007年2月13日 (火) 19時06分

なんか、悲しいですね、石を投げるのを親御さんは知ってるのでしょうか??
最近は他人様の子供を叱ると、叱った方が親に叱られる時代です。(子供の言葉を鵜呑みし、何で叱られたのか??考えないですよね)
我が家は猫に石を投げてる子供を見かけます。理由を聞こうとすると逃げていきます。悪いって事はわかってるんですね、
昔、近所の子供がカマキリを鋏で切ってました。「なんで、そんなことをするの??」聞くと「どうせ、こいつら、死ぬから」
話をしようとすれば、「おばさん、関係ないじゃん」・・・
恐怖を覚え、親御さんに℡をしましたよ、それからどうしたのかはわかりませんけど、
やはり、親の背中を見てるような気もしないではないかな??(-_-)

投稿: nekosann | 2007年2月13日 (火) 17時24分

うちの近所にも、まろに石を投げる子供がいます。お母さんがちょっと変わった方で、近所の人と交わらず、浮いた存在になってます。その子は遊び相手もなく、一人でぽつんとしています。まろや、私にかまって欲しくて、石を投げたんだろうと思うと、なんだか可哀想でした。子供は好奇心で悪いことをするのは当然で、大人がそれは悪いことなんだと注意できないことが、問題なんだと思います。ご主人に怒ってもらえたその女の子たちが、石を投げるのは良くないと分かってくれるといいですね。

投稿: maromama | 2007年2月12日 (月) 12時43分

前に飼っていたペロが同じ目にあいました
小さな子たちが走りながら全員で石を投げつける
何が楽しいんでしょう 
親の顔が見たい!とその時思いました
ちゃあさんのお話 とても恐いです
園長先生のおっしゃるとおりです
けんかをして お互い痛みを知るというのならまだわかりますが 抵抗する術を知らない動物をいたぶることでどうして痛みがわかるのか? わかるわけありません!こんな話を聞くだに 人間って下等な生き物だと思わずにはいられません 

投稿: タロウの母 | 2007年2月12日 (月) 08時23分

すみませんっ!!
バトンまわしちゃいましたっ!!
良かったら、お願いしますっっ

投稿: きょうだい | 2007年2月12日 (月) 01時02分

REON&うららママ様へ
ブログ訪問有難うございます。
子供は悪い事と解らず面白いからするのだと思いますがされたものにとってこれほど迷惑な事はないですよね。
小さい内に何がよくて何が悪いのか良く教え痛みの解る子供になって欲しいですよね。
それにしても↓のちゃあさんの義姉さんの保育園の親御さん達に育てられる子供達の将来が怖いですね。
虐めが
金魚→猫→犬→人とターゲットが移らない事を祈らずにはいられません。
いつでも遊びにきて下さい。

投稿: リンママ | 2007年2月11日 (日) 23時30分

ちゃあ様へ
ご主人のお姉様はさすが園長さんですね。
後々痛みが解っても遅いですよね。今解らないと大変な事に成ると云う事がその親御さんには理解できないのかと思うと悲しいですね。
↓のきょうだいさんのようにその時自分が犬や鳥の様に石を当てられたら痛いかどうか体験させるのもいい教育方だと思いますが保育園でそんなことしたら体罰とか言われて大変な事になりますよね。今の世の中は教育しにくい時代だと思います。
やはり弱いもの虐めの芽は小さい時に摘み取るべきだと思います。

投稿: リンママ | 2007年2月11日 (日) 23時17分

きょうだい様へ
ゴルフボールのお話し園児A君はきっと身にしみた事でしょう。私も娘にはアイロンは熱い針は痛いと実際に触らせて注意させました。人は自分が痛い思いをしないと痛みが解らないのかもしれませんね。
それと同じに優しくされるとやはり優しくなれるのだと思います。
そう思うと幼児期てとても大切な時期なのだと思います。

投稿: リンママ | 2007年2月11日 (日) 23時05分

こんにちは。
STPの掲示板に書き込みありがとうございました。
何でも書いてくださるととっても嬉しいです。
前々からお伺いしていたのに、コメントしていなくてごめんなさい。

男の子が、アリやカエルに悪戯するって私が子供の頃にもありましたが・・・最近のはもっと酷くなってきているのですね・・・
性犯罪や幼い子に対する犯罪を犯す人は動物に虐待をすることから始まる・・・と言うような話を聞いたことがあります。
人の痛み、動物の痛み・生きているものは全て心も身体も痛みを感じるのだと、幼い時から大人が教えていかなければと思います。

これからも遊びに来させて下さいね。

投稿: REON&うららママ | 2007年2月11日 (日) 13時28分

リンママさん、災難でしたね。
自分や家族、ペットに対して攻撃をされると言うのは本当に辛いことです。
ところで、主人のお姉さんが保育園の園長先生をしています。
そして同じようなお話を先日していました。
犬に石を投げたり、カゴの鳥に輪ゴムを当てたり、金魚の水槽に上から小石を落としてみたりが一時期酷く、目に余るので保護者を集めて注意をしたそうです。
そのとき、ある保護者が「子供が色んな事に興味を持ち、それを経験することで後々痛みも分かる。それを止めるからイジメや不幸な事故が増える」のだと言い、何と半数近い方が賛同されたらしいです。
さすがに頭に来たお義姉さんが、それなら経験のためにこれから毎日交代でやられ役のペットをお飼いの方が連れて来て下さい。居なかったらお父さんかお母さんが代役になって下さい。
少なくとも他人のペットを虐待することだけは許しません。と言って治まったそうですが納得はされてなかったようです。
このような親御さんが増えているとは、本当に怖いです。
申し訳ありません、長文で的外れかもしれません。

投稿: ちゃあ | 2007年2月11日 (日) 10時28分

弱いものをいじめる子が増えてきているのは、小さい頃に原因があるのかもしれませんね。
私の小さい頃はまだ、悪い事をしたら怒ってくれる大人がいました。
子供もやっぱり教えないと分からないんでしようね。
うちの甥っ子はなぜか、あいちゃんには、そっと対応しますが、リキ造には体当たりとかします(-_-;)
ただ、石を投げたり、悪い事はしません。
一度、手にもっていたゴルフボールをリキ造の背中に軽くぶつけたことがあったのですが、すぐに同じことを甥っ子にして分からせました。
でも、動物はかわいがるものという認識は初めからもっていますけどね・・・
めちゃくちゃしてるようでも、本当に嫌がることはしないし・・・
たぶん、親(うちの場合、私の妹)などが、動物が好きで知らず知らずのうちに、動物には愛情を持って接するというのが、甥っ子にとって当たり前になってるんだと思います。
よく分からないですが、子供も悪いけど、なんでそうなっちゃったのか考えると・・・
将来、その子達が動物に愛情を持てる子になってくれればいいなと願います。

投稿: きょうだい | 2007年2月11日 (日) 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体内時計 | トップページ | バトン2 »