« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月23日 (日)

春の使者達

我が家の庭の春を告げる使者は これです。
P1030323
P1030372
梅とメジロそして桜まで開花しました。
P1030369
P1030390
我が家の2ワンも昼間の暖かさにご満悦です。
P1030366
ミックは気持ち良さそうに日向ぼっこ
P1030347
あいも変わらずというところです。gawk

愛の手を

| | コメント (8)

2008年3月11日 (火)

ショッキングな出来事

今日ミックが はじめて人を噛みました。

犬を飼い始めて20年 犬同士の小競合いは 幾度とありました。

しかし 愛犬が人を噛む事は一度も有りませんでした。

今回の事は不可抗力だとしても とてもショッキングな出来事には違いありません。

事の起こりは夕方の散歩時でした。
散歩友達の家の前で待っていますと 斜め向かいのアメリカコッカスパニエルが けたたましく吠えた立てておりました。柵の中なので安心していますと 突如柵を乗り越えミックに襲いかかりました。
Photo
コッカの飼い主は愛犬の異常な吠え方に外に出てきました。
コッカがミックに襲いかかった時その飼い主は何を思うのかミックの首輪を掴みミックを宙吊りにしてしまいました。
ミックの後ろ足はコッカの餌食となってしまいました。
Photo_2

私は思わず「自分とこの犬を何とかしなさいよ!!」と語尾を強めました。
コッカの飼い主は ミックを離し自分の犬を捕まえました。

その後直ぐにコッカの飼い主は叫びました。

「あなたの犬に噛まれた!!。」と

ふっと コッカの飼い主の手を見ると4箇所ほどのところから血が流れていました。

私はミックの後ろ足に喰らい付くコッカしか見ていなかったのでミックがその人を噛む瞬間をみてなかったのです。

はっきり云ってショックでした。

ミックを飼いだして13年と5ヶ月 ミックが人を噛むなんて・・・・。

犬の喧嘩の最中に手を入れると犬は興奮しているのでその手を噛みます。

決して手を入れて喧嘩の仲裁をしてはいけなかったのです。

ミックは悪くは無いのです。

ミックはむしろ被害者です。

でも 結果的には人を噛んだのでミックは悪者になってしまいました。

コッカに あれほど噛み付かれていた後ろ足ですが血もでておらず 痛がる様子も無いので一安心しています。

怪我もそうですが あの時又夏の日の時の様に発作が起こるのではとヒヤリとしました。

騒動の後菓子折りとお見舞いを包み 謝りに行って来ました。

相手の奥さんは 自分所の愛犬が柵を乗り越えミックを襲った事を謝ってくださいました。

最後までお見舞いの包みを辞退して受け取っては下さいませんでした。

後日そのコッカ君を去勢しますとまで言ってくださいましたが私としてはそこまでは決してのぞみません。

この騒動での教訓です。

犬の喧嘩には人の手は入れないこと

コッカ軍団のそばには近寄らないこと

この2点です。

愛の手を

| | コメント (15)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »