« 春遠しです。 | トップページ | 春の使者達 »

2008年3月11日 (火)

ショッキングな出来事

今日ミックが はじめて人を噛みました。

犬を飼い始めて20年 犬同士の小競合いは 幾度とありました。

しかし 愛犬が人を噛む事は一度も有りませんでした。

今回の事は不可抗力だとしても とてもショッキングな出来事には違いありません。

事の起こりは夕方の散歩時でした。
散歩友達の家の前で待っていますと 斜め向かいのアメリカコッカスパニエルが けたたましく吠えた立てておりました。柵の中なので安心していますと 突如柵を乗り越えミックに襲いかかりました。
Photo
コッカの飼い主は愛犬の異常な吠え方に外に出てきました。
コッカがミックに襲いかかった時その飼い主は何を思うのかミックの首輪を掴みミックを宙吊りにしてしまいました。
ミックの後ろ足はコッカの餌食となってしまいました。
Photo_2

私は思わず「自分とこの犬を何とかしなさいよ!!」と語尾を強めました。
コッカの飼い主は ミックを離し自分の犬を捕まえました。

その後直ぐにコッカの飼い主は叫びました。

「あなたの犬に噛まれた!!。」と

ふっと コッカの飼い主の手を見ると4箇所ほどのところから血が流れていました。

私はミックの後ろ足に喰らい付くコッカしか見ていなかったのでミックがその人を噛む瞬間をみてなかったのです。

はっきり云ってショックでした。

ミックを飼いだして13年と5ヶ月 ミックが人を噛むなんて・・・・。

犬の喧嘩の最中に手を入れると犬は興奮しているのでその手を噛みます。

決して手を入れて喧嘩の仲裁をしてはいけなかったのです。

ミックは悪くは無いのです。

ミックはむしろ被害者です。

でも 結果的には人を噛んだのでミックは悪者になってしまいました。

コッカに あれほど噛み付かれていた後ろ足ですが血もでておらず 痛がる様子も無いので一安心しています。

怪我もそうですが あの時又夏の日の時の様に発作が起こるのではとヒヤリとしました。

騒動の後菓子折りとお見舞いを包み 謝りに行って来ました。

相手の奥さんは 自分所の愛犬が柵を乗り越えミックを襲った事を謝ってくださいました。

最後までお見舞いの包みを辞退して受け取っては下さいませんでした。

後日そのコッカ君を去勢しますとまで言ってくださいましたが私としてはそこまでは決してのぞみません。

この騒動での教訓です。

犬の喧嘩には人の手は入れないこと

コッカ軍団のそばには近寄らないこと

この2点です。

愛の手を

|

« 春遠しです。 | トップページ | 春の使者達 »

コメント

あき様へ
ご心配おかけしました。
あきさん所のメイちゃんもドッグランでひどい目に合ったばかりなのですよね。
どちらも大事に至らなくて良かったですよね。こちらは雄で犬同士の小競合いは幾度と無く有りますが。メイちゃんは女の子なのに始めての経験ですよね。
普通女の子では喧嘩は余り聞かないのですよ
どちらも本当に災難でしたよね。
リードで両手が塞がっている時咄嗟にどうしたら良いのか解かりませんよね。
向かって来る犬に蹴りを入れるのが良さそうですが中々咄嗟に出来る事ではないですよね。

投稿: リンママ | 2008年3月14日 (金) 22時13分

とろねい様へ
ご心配おかけしました。
コッカ君の飼い主は おそらくミックに自分の愛犬が噛まれるのが嫌で咄嗟にミックの首輪をつかみ愛犬からミックの口先を遠ざけたのだと思われます。
思えば酷い話ですよね。
攻撃を受けているのに 迎え撃つ手段を奪われたのですから。
ミックでなくても怒りますよね。私も両手がリードを持っており塞がっていたのでどうすることも出来ませんでした。
咄嗟に足でコッカを撃退すれば良かったのですがそこまで頭が回りませんでした。

投稿: リンママ | 2008年3月14日 (金) 22時04分

タロウの母様へ
ご心配おかけしました。
コッカ君の飼い主は咄嗟にミックの首輪を掴んだのは
自分の犬がミックに噛まれるのが嫌だったから ミックの首輪を掴み宙釣にしたのだと思います。
考えたら腹の立つ事です。
襲ってきたのはコッカ君なのにミックは向かえ撃つ手段を断たれた事になるのですから。
どう考えても怒りますよね。ミックでなくても。
自由を奪っているその手を振りほどきたいですよね。
私がミックであってもその手を噛みます。
でも人と犬ではやはり犬が悪者になってしまいます。
理不尽ですね。

投稿: リンママ | 2008年3月14日 (金) 21時53分

リンママさん、大変でしたね。
あってはいけないことだけど、実際に散歩中って、何が起こるかわかりませんよね。
咄嗟の時にどう対処できるか。
いつも三頭連れで手いっぱいな私は、それをきちんとできるようにしなければと思っているのですが、なかなか(><)
ワンも人も、大きな怪我がなく、何よりでした。
ミック君の気持ちも、早く落ち着きますよう。

投稿: あき | 2008年3月14日 (金) 21時49分

nekosann様
ご心配おかけしました。
その日は ミックが人を噛んだと云う事でとてもショックでしたが もう大丈夫です。
その後は元のミックに戻っております(^^)。

投稿: リンママ | 2008年3月14日 (金) 21時41分

REON&うららママ様へ
ご心配おかけしました。
犬は噛んでも嫌ですが噛まれても嫌ですね。
私もご主人の様に向かってきたコッカ君を足で蹴って撃退すれば良かったのですが、咄嗟には出来ないのですよね。
リンを連れていなければ持っていたウンチバック(ウンチを入れる袋)で叩いたりして追い払う事ができたのですが悲しい事に両手がリードを持っていて如何する事もできませんでした。
犬の喧嘩の時は手を入れると噛まれます。
先ずはご主人がされた様に足で相手の犬を追い払う方法をお勧めします。
と言っても咄嗟にはできませんよね。

投稿: リンママ | 2008年3月14日 (金) 21時36分

や~す~様へ
ご心配おかけしました。
本当に後味の悪い出来事でした。
ミックに怪我が無かったのが不思議なくらいです。
めちゃめちゃコッカ君に噛み付かれていたのに怪我が無いのです??。
ミック短毛だけど剛毛?なのかしら?。
リンはその時一度はリードが私の手から離れましたが私達の側から逃げることなくオロオロしていました。

投稿: リンママ | 2008年3月14日 (金) 21時21分

イワノリ様へ
ご心配おかけしました。もう大丈夫です。
コッカ君のテリトリにミックが入っていたのがコッカ君には気に入らなかったのでしょうね。
90センチの柵をよじ登って庭から脱出してまでミックに攻撃をしかけて来ました。
本来ならコッカ君はミックに撃退されているところ コッカ君の飼い主によってミックは攻撃不可能にされて可愛そうでした。
コッカの飼い主も自分とこの愛犬が噛まれるのが嫌で思わずミックの首を掴み持ち上げたのでしょうね。
犬の喧嘩は噛んでも嫌ですが 噛まれても嫌です。

投稿: リンママ | 2008年3月14日 (金) 21時09分

コメント返し遅くなりましてすみません。
Oh minseok様へ
ごめんなさい英語は 読めませんのでコメントがけせません。

投稿: リンママ | 2008年3月14日 (金) 20時56分

ミックちゃん、怖くて興奮しているところに、知らない人に首をつかまれたら、それは咬みますよ。。その飼い主さんは、なぜ自分の犬を先に捕まえなかったんでしょうね?ミックちゃんはその犬を咬もうとしていなかったのに。。
ミックちゃんとリンママさんのお気持ちが落ち着かれますように。。

投稿: とろねい | 2008年3月13日 (木) 20時17分

ミックちゃん 痛かったね…
なんでまた塀を飛び越えて来たのかな そのアメコカちゃん!?
で またなんで その飼い主さんは自分の仔を捕まえずに
ミックちゃんを掴んだりしたのかしら???
ま ちゃんと話のできる飼い主さんだったのはよかったですね
リンママさんの教訓 その一はそのまま私の教訓にします
(アメコカはタロウの一番のお友達なのでcoldsweats01

投稿: タロウの母 | 2008年3月13日 (木) 15時03分

大変でしたね、ミック君もママさんもとんだ災難でしたね、bearing
きっと、コッカ君の飼い主の方も反省してるでしょう、
ママさん、気を落とさないで、ママさんが一番ミック君の事をわかってるのだから、heart04

投稿: nekosann | 2008年3月12日 (水) 21時08分

大変でしたね。
ミックちゃんが咬んでしまったのは正当防衛。
相手の飼い主さんもよくわかっているのでしょう。
主人が昔、喧嘩ではないのですが大きい子が小さい子を咬んでしまって飼い主達はどうしようもない場面に出くわした時は、大きい子を蹴飛ばして離したそうです。
主人のように身体の大きい男性でも犬を離すのは大変だったそうです。
嫌な思いをされてしまいましたが、相手の方の怪我も大事にならずにすみ、ミックちゃんもリンママさんも怪我がなくて本当に良かったです。
私はランでヨーキーの集団にREONが襲われ助けようとしてヨーキーに咬まれましたが小型犬でも「群れ」になったていると強気になって怖いですね・・・

投稿: REON&うららママ | 2008年3月12日 (水) 17時17分

災難でしたね。
これはアクシデントです。
コッカが飛び出してきた事以外は不可抗力です。
なんとも後味の悪い出来事ですが
どうしようもありません。
犬にも相性があるのです。

ただ、ミックちゃんは噛んだのではなく、
威嚇しただけでしょう。
本気で噛んだのなら、肉がそげてしまいますよ。

早く忘れましょう。そして近寄らない事です。
この時、リンちゃんはどうしていたのかしら☆


投稿: や~す~ | 2008年3月12日 (水) 17時14分

ミック君、リンママさん、そしてリンちゃん、大変な目に合いましたね・・・。
リンママさん、心が落ちつかなと思いますが、どうぞお大事に!私はミック君は犬として当たり前の反応をしたと思いますよ。

投稿: イワノリ | 2008年3月11日 (火) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春遠しです。 | トップページ | 春の使者達 »