« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月19日 (月)

医療費節約裏技教えます。

P1030595

暖かくなると蚤やダニ駆除のお薬や フィラリアのお薬と
わんこに掛ける医療費がかさむ様になります。

そこで我が家の貧乏所帯を良くご存知の獣医さんが 色々と医療費の裏技を教えてくださいました。

特に多頭飼の皆様!!伝授したいと思います。

○ フィラリアのお薬ですが 我が家のリンは体重11.7キロ ミックは21.3です。
 お薬は体重ごとにお値段が変わります。それも10キロ単位で変わるパターンが多いのです。

 当然リンは10キロ以上のお薬 ミックは20キロ以上のお薬となるのですが
 1キロ前後の誤差目をつぶって10キロ内のお薬と20キロ内のお薬にしていただいております。

 それでは効果の程が無いのではとご心配な方 この方法先代のラッキーの時から使っております
 ラッキーはフィラリアの感染は無く肺がんで14歳で亡くなりました。
 ラッキーの代からなので21年間 この方法で来ています。

ご心配な方はこの方法やらないで下さい。

○ フロントラインではリンには本来10~20キロ用 ミックには20~40キロ用
  使用しなくてはなりませんが またまた裏技です。

  20~40キロのフロントラインを1箱買い 1本で二匹に使用するのです。
  3分の1をリンに3分の2をミックに使用するのです。

2箱買うより経済的です。こちらは皆さんにお勧めです。

そんなにキッチリ分けられないのですが 余り神経質にならずにミックに大目 リンには少な目に振りかけております。

獣医さんにお聞きしたところこれで十分効果が有るそうです。

大雑把な飼い主さんにおすすめです。

皆さんも 医療費安くあげる裏技ご存知な方教えてください。

ペット医療費貧乏より・・・・。
P1030548
愛の手を

| | コメント (14)

2008年5月15日 (木)

診察台とミック

5月2日ミックを動物病院へ連れて行きました。

フィラリアの検査と狂犬病予防接種の相談の為です。

診察室に入るとミックは自分から診察台に上がったのです。

今までは看護婦さんと二人がかりで診察台に載せていたのにビックリです。

きっと昨年の夏気管虚脱で呼吸困難になり動物病院で直してもらった事を憶えていたのだと思います。

診察台に載れば苦しいのを楽にしてもらえると学習していたので自分から進んで診察台に載っかつたのだと推測されます。

獣医さんもそれを見て「診てもらいたいとこが有るようですね。」と微笑みながら診察してくださいました。

でも聴診器をあてると少し顔が厳しくなりました。
心臓に雑音が有るとの事でした。心臓の雑音には6段階あるそうでミックはレベルが3になっているのでお薬を飲まなくてはいけなく成りました。

肺を広げるお薬と心臓のお薬さらにフィラリアのお薬とミックは薬漬けになってしまいました。

狂犬病の予防接種は今回は打つことになりました。

今年の夏はミックに取って試練の夏に成りそうです。P1030533

| | コメント (11)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »