« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月22日 (金)

緊急報告

21日の記事にコメントを下さった方々ご心配おかけしました!!。

2匹のワンチャン無事保護され飼い主の元に戻されました。

なんと!2匹は家出犬だったのです。

P1030753

赤○は私が目撃した場所

緑の○は2ワンのお家が有る場所

青の○は保護された場所です。

青○の左上に行くと我が家のリンが保護された信貴山です。

2匹は翌日信貴が丘の住宅の庭でくつろいで居る所を保護されたそうです。

シェパードは警察犬に代表されるように頭の良い犬の代名詞なのに・・・。

ゴールデンも盲導犬にも採用される頭の良い犬なのに

何故に帰巣本能が働かなかったのでしょうか??

住宅街で保護されなければ危うく山に入り込み野犬に成ってしまうところでした。

それにしても捨てられた犬でなかったのでホットしております。

2匹の保護に動いてくださったTさんそしてS町会議員さん有難うございました。

人々の善意で飼い主の元に戻れて本当に良かったです。

| | コメント (15)

2008年8月21日 (木)

気になる出来事

P1030699

今日仕事からの帰り道気になる出来事に出会いました。

それは いつもの道を車で走っておりますと 急に前方の車の動きが鈍くなり「?」と思っていますと

やがて前方の車の減速の原因が判りました。

2匹の大型犬シェパードとゴールデンレトリバーが尾を垂れ泥まみれになりフラフラと道路を歩いて居るのです。

それは今にも倒れそうなくらいへろへろに成りながらも車の行きかう車道をゆっくり歩いているのです。

2匹とも首輪は有りませんでした。

シェパードが先頭になりゴールデンはクビをうな垂れその後をしたがっておりました。

咄嗟に 私はリンを保護して私に託して下さったTさんを思い出して自宅に戻らずそのままTさんの家に向かいました。

呼び鈴を押し状況を説明するとTさんは直ぐに保護に向かいましょうと言って下さり私はTさんを車に乗せて2匹を目撃した場所に戻りました。

しかしすでにそこには2匹の姿は有りませんでした。

色々人に尋ね2匹が向かった方角を捜す事にしました。

すると道路を挟み尚川を越えた土手に2匹の姿を見つけ直ぐに車で駆けつけましたが 駆けつけたその場所には2匹の姿が又しても消えていたのです。

暫くその土手の周りをTさんと二人で人に尋ねながら捜しましたが忽然と消えてしまっていたのです。

Tさんの計らいで警察と町役場 保健所へ翌日連絡して万が一そこへ保護されたなら連絡を貰うよ頼んでくださる事になりました。

無事2匹が保護されることを祈るばかりです。

Tさん曰く迷い犬を見つけたら 直ぐその場で保護をしなくてはいけないそうです。

しかし大型犬2匹一人で保護するのは・・・・です。

犬を飼っておりますがやはり見知らぬ犬は恐いです。

恐らく犬の方でも見知らぬ人は恐いのではと思います。

保護活動とは難しいですね。

| | コメント (5)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »