« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月26日 (金)

女子フィギュアで更新滞り

3日間女子フィギュヤで ブログも手に付かずですcoldsweats01

真央ちゃんお疲れ様でした。

試合直後のインタビュー可哀想でしたpout

まだ19才です4年後 この悔しさをバネに頑張って下さい。

応援しています!!。P1040756 金 銅は開催国に縁が有る人達で 採点にも問題が有り

アウェーな土地で真央ちゃん銀は頑張りました。

安藤選手も気の毒でしたが 開催国で競技直前 母親の死を乗り越えて演技をした選手にはかないませんよね。

私もショートの演技の時は思わず貰い泣きしました。crying

全ては4年後の宿題として頑張って下さい。

| | コメント (2)

2010年2月23日 (火)

ペットロス克服の道のり3

ペットロスから抜け出る為に 色々もがいてみました。

例えば フリースドッグを作ってみたり

P1040738 P1040773 御花のリースを作って見たり

P1040775 P1040791

色々やりましたが結局 「日にち薬」と昔の人が云うように

時が癒してくれました。

警戒心を強めていたリンも此の頃 やっとミックが居た時の様に自分で家の中に入ってくれるようになって来ました。

P1040782

| | コメント (2)

2010年2月21日 (日)

ドロゴエ騒動で考えたこと

今回の件で色々考えさせられたことが有ります。

P1040728

あの時ゴエちゃんが役場に連れて行かれたと聞いて 私は直ぐに役場に行き一番に野犬捕獲檻を覗きに行きました。

しかし其処にはゴエの姿が無かったのです。

直ぐに家に帰り役場に電話して聞くと 確かにその犬は保護していますとの事。

しかし檻に入るのを頑として嫌がるので 裏に繋いだとの事

ゴエは何も知らず迎に来た役場の車に自分から進んで乗り込んだそうです。

人をまったく疑うことを知らない子だと その話を聞いて思いました。P1040724

役場の職員も大人しい犬なので無理に檻に入れること無く役場の裏に繋いだそうです。

野犬捕獲檻は役場の目立たぬ隅に置かれています。

檻に犬を入れると人だかりがするので なるべく早く保険所に連れて行くとの事です。

捕獲された犬を見る人だかりがなぜいけないのでしょうか?

ひょっとしたらその野次馬の中に その子の飼い主を知っている人が現れる事だって有るだろうし、

哀れに思った野次馬がその子引き取ると云うかも知れないのに なぜ隠そうとするのでしょうか!!。

P1040720

あの時私も檻を見てゴエが居ないので帰りました。

聞けばゴエの飼い主も2度檻を覗きに行ったそうです。

私はゴエが役場に引き取られたと知って居たので電話で問い合わせることができました。

飼い主は知らないのでそのまま他を捜しに行ったのす。

役場が檻の前か 人目の付く場所に保護犬の張り紙をしてくださったら

もっと早くゴエは飼い主の元に戻れたのにと思うのです。

飼い主も何故 役場や警察に保護願いを出さなかったのかと悔やまれます。

犬ごときに役場や警察の手を煩わすのが忍びなかったのかもしれません。

しかし 愛犬が行方不明になったなら遠慮などせずに役場に連絡してください!!

役場から警察と保険所に連絡が回ると聞いています。

私なら自分で警察にも役場にも保険所にも連絡しまくると思います。

特に保険所は場所 場所で連絡を取り合っていないので県境で行方不明になったなら

両方の県や市に連絡をしてください。

それと一番よい方法は迷子札を愛犬に付けることです。

迷子札は落として無くす事が多いのですが 常に新しい迷子札をつけてあげて下さい。

ゴエちやんに迷子札が付いてあれば もっと早く飼い主の元に戻してあげられたのに

色々思う事が有りました。

| | コメント (0)

2010年2月20日 (土)

ドロゴエ騒動その後

ゴエちゃんの飼い主さんは 山の上で菊栽培を生業とされています。

後日 大きな菊の花束とコーヒーセットを お礼にと 持ってきてくださいました。

そこで 私は頂き物のおすそ分けと無事飼い主が見つかった事の報告に回ることにしました。

Photo_2 

ゴエちゃん保護には いろんな人の手が差し伸ばされていました。

ゴエちゃんの保護の経緯を雑と書くと次の様に成ります。

庭に迷い込んだゴエを保護したKさん(Kさん宅には凶暴な黒ラブが居るので預かることが出来ず町役場に保護を頼みました。)

翌日保険所に連れて行くと聞いたので私が役場に保護を申し出るも断られました。

そこでリンの時お世話になった愛護活動をされている議員さんに間に入ってもらいゴエを引き出しました。

偶然にも斜め前の奥さんがゴエを以前目撃したことが有る事が判り 飼い主が見つかる。

以上です。

短い間に色々有りました。

考えさせられる事も有りました。

一つは リンの事です。

どんな犬にも友好的なリンが始めて上げた威嚇と怒りの声

ミックがある日突然居なくなった恐怖 寂しさから人間への警戒心を強めているので、

安易にもう一匹増やそうとした私の愚かさです。

やはり相性というものがあるし、リンの複雑な気持ちを まったく理解していなかったのです。

直ぐに私達に馴染んでしまうゴエに リンは嫉妬をしていたのかもしれません。

自分の居場所を奪われると云う恐れを感じたのかも知れません。

今暫らくは リン一匹を可愛がってあげ様と思いました。

そしてミックが居なくなった席は 第2の第3のゴエの様な子の為に空けて置くことにしました。

| | コメント (3)

2010年2月19日 (金)

ドロはゴエ?4(飼い主がみつかった!!)

灯台元暗しとは良く言ったものですね!。

ドロを保護して飼い主の手掛かりも無く四日目午前9時ごろでした。

門の付近を掃除をしていましたら、

斜め前の奥さんが声を掛けて来られました。「新しいワンちゃん飼われたのですか?」

「いえ 迷い犬を保護しているのです。うるさくてすみません。」と私

散歩先でもドロの飼い主を捜して訪ね歩いていたので その奥さんにもドロを見てもらうことにしました。

ドロを一目見るなり「この子どこかで見かけてことがある。」と言われるのです。

えええ・・・!!

早速見かけた事がある付近にいる知り合いに電話を入れてもらうことになりました。

この奥さんは小学校の教員をされており普段はお留守なのですがこの日は土曜日で在宅されていたのです。

なななんと!!電話をした知り合いの犬だと言うことです!!

直ぐにドロの飼い主は軽トラで乗りつけ 感激の再開を果たしたのでした!!。

向かえの奥さんが電話して、 ものの十分もたたず飼い主が駆けつけドロは 元の飼い主に連れられ帰って行ったのです。

Photo

あっけないドロとの別れでした。

ドロは名を五右衛門と言いゴエちゃんと呼ばれて大事に飼われていました。

飼い主さんはゴエちゃんを捜して何日も軽トラで走り回っていたそうです。

町役場にも2回捜しに行き野犬捕獲の檻を覗いたそうです。

飼い主さんは檻を見て捕獲されていないと思い他を捜しに行かれたそうです。

この時 役場に問い合わせて下さったらもっと早くゴエチャンお家に帰れたのに残念です。

ゴエちゃんは交通事故で足を骨折して治すのにボルトを入れているそうです。

その為 山の茂みで動けなくって死んでいるのではと心配していたそうです。

無事な姿を見て飼い主さんは目を真っ赤にしていました。

ゴエの方はと言うと 慣れた様子で軽トラに飛び乗り尻尾を振っています。

ゴエは山の方で飼われているので基本は放し飼いをされているとの事でした。

怖がりで滅多に遠くには行かないはずが 一寸した冒険心でも芽生えたのでしょうか

山を下って住宅街に迷い込んだようです。

飼い主さんこれから繋いで飼います。と仰って帰られました。

私も飼い主さんに一言

これからゴエちゃんが居なくなったら先ず警察か町役場に連絡してくださいと

本当に あっけ無い幕切れでした。

家の中に居りました主人が「僕もゴエに お別れがいいたかったな~」と寂しげにつぶやきました。

家の中の主人を呼ぶ間もなくゴエちゃんは御家に超スピードで帰って行きました。

ドロ=泥棒=五右衛門(石川五右衛門)=ゴエ

あながち 主人のネーミング間違っていなかった様です。

Photo_2

やはりゴエちゃんの顔は泥棒顔なのかな?

| | コメント (7)

2010年2月18日 (木)

ドロはゴエ?3(頭痛の種)

ドロが来て早4日目 私の頭痛の種は増すばかり

リンとドロの関係は最悪です。

ドロはリンを呼びクィ~ンクィ~ンと五月蝿い事

リンはドロの事を気にしつつも横目でチラ見をして後は無視を決め込むのです。

P1040719

夕方になるとドロは遠吠えを繰り返し 夜中に何度もワンワンと吠えまくり

ご近所さんからの苦情は目に見えてきます・・・どうしたら良いものか・・・・。

ああ・・・頭痛が・・・・。

ドロは鎖に繋がれるのが苦手なようです。

自由気ままにして来たようなのです。

余り五月蝿いので放してやると リンを追いか駆けまわすと思いきや・・・。

門まで一直線に走り出し門扉を前足でガタガタ掻いて 外に出せを猛烈にアピールするのです。

「そうかそうか・・・そろそろ冒険に飽きてお家に帰りたいのだな。」

ドロの言わんとすることが何故か手に取る様に解るのです。

このまま門を開ければきっとドロは自分の家に戻ることでしょう。

でもねドロ 役場の職員さんと約束したのです。

飼い主が現れるまで保護をすると・・・。

それを違えてドロを逃がしたら大変なことになるのです。

間に入って下さった議員さんに申し訳が立たなくなるし これからの犬の保護活動に差障りが出てしまうのです。

ドロ早く我が家に慣れておくれと祈るばかりです。

| | コメント (0)

2010年2月17日 (水)

ドロはゴエ?2

ドロを保護してから2日ほど経つても一向に飼い主の手がかりが現れません。

可愛がられて育っているのはドロの性格美人と手入れが行き届いた体を見れば一目瞭然

必ず飼い主は探しているはずなのに 手がかりがこうも無くては・・・Satogo  甘え上手なドロ・・・私が庭に出ると直ぐに駆け寄り甘えに来ます。

リンが私が庭に出ると脱兎の如く茂みに逃げ込むのと対照的です。

Photo_3 確かにミックもドロの様に駆け寄り前足を私の体に掛けて甘えて来たことを思い出されます。

ドロをこのまま飼い主が現れなければうちの子にと決めました。

ワンライフさんにお願いした訳有りボーダーコリーをお断り仕様と決めました。

ボーダーコリーは きっと私でなくても良い飼い主が見つかるはず。

でも雑種の怖モテ顔のドロは我が家に迎えなければ 貰い手が出てこないとおもわれました。

そう決心した所にワンライフさんから電話が入りました。

結果は ボウダーコリーの一時預かりさんが情がわきその子を手放すのに忍びなくなったので代わりの犬をとの事でした。

こちらもドロのことを話し お断りすることになりました。

世の中なる様に成るんですね。

| | コメント (2)

2010年2月16日 (火)

ドロはゴエ?

保護した犬は 鼻の周りが黒くて、漫画に登場する髭面の泥棒に、そっくりなので主人がドロと命名しました。

余りにも酷いネーミングなのでドロと呼ぶには抵抗が有りましたが 二つの名前で呼ぶのも

混乱させるだけなので渋々ドロと呼ぶことにしました。

Goe 吠えもせず 唸りもしない顔に似合わず性格美人の可愛い子です。

甘え上手で 毛並みも良く 大切に育てられているのが良くわかりました。

飼い主はきっと探している!!そう確信が持てるのですが手がかりは0・・・前途多難です。

ミックが居なくなり寂しがっているので リンはドロを歓迎するのかと思えたのですが

違っておりました。

Goe_3  リンの上に乗ろうとするドロに今まで聴いたことがない声をだして威嚇したのです。

ミックの時は上手にかわして からかう様に逃げ回ってその鬼ごっこがとても楽しそうだったのと大違いです。 

確かに初対面で年下なのに この行動は先住犬のリンに対して無作法に違いありません。

リンがドロを嫌がるので ドロは庭に繋いで飼う事にしました。

しかしドロはリンの事が気になるのか クィ~ン クィ~ンと甘えた声で鳴き続けるのです。

リンも止せば良いのにドロの近くの草むらに潜みドロを挑発しているのです。

ドロの飼い主が見つからなければドロを当然飼う事になります。

これは前途多難な様子になって来て 頭が痛くなってきました。

| | コメント (4)

2010年2月15日 (月)

ペットロス克服への道のり2

ミックに続いて富士丸が亡くなっている事を知り、落ち込みが倍増し

無気力状態が暫らく続きました。

しかし 私より もっと危機状態に有るのがリンで有る事に気づきました。

リンにもっと触れ合おうとしますが、リンはそれを阻み続けるのです。

ミックが居たときは もっと私たちの近くに寄って来ていたのに この時期は

まるで 貰われて来た当時の様に私たちに警戒して居るのです。

そこで私はリンの為にも私の為にも もう一匹犬を増やそうと決心しました。

以前ワンライフさんのサイトで見かけた訳ありボーダー犬を思い出したのです。

その子はミックとリンを足して割った様な雰囲気の有る気になる子でした。

Satogo さっそくワンライフさんに里親希望の申し出をして お返事を頂くのを待つ事になったのですが。

待つ間に意外な展開が起きてしまいました。

P1040716 近所で迷い犬を保護したのです。

近所の方が捕まえ町役場に引き取られ 危うく保険所行きになる所を 何とか保護したのです。

私の力では町役場の方は中々引き渡してくれず 町会議員さんに間に入って頂き無事引き出す事ができたのです。

役場の方は保険所の方が空調設備も整っているからと保険所を勧めるのですが 私は

いろんなサイトを見てきて保険所の酷い状態を把握していたので断固辞退してこの迷い犬を我が家に迎えたのです。

とても小奇麗で 甘え上手な 性格美人さんな いかつい顔に似合わない可愛い子です。

きっと この子なら可愛がって育てられているので 飼い主は探しているに違いないと

妙に 変な自身がありました。

文章が長くなったので続きはまた後日に・・・。

| | コメント (0)

2010年2月14日 (日)

私のペットロス克服の道のり

パソコンに不具合が出来 それと格闘中にミックは虹の橋を突如渡って行きました。

余りにも突然で 暫らくは虚脱感で体も頭もボーと成っておりました。

リンは突如ミックが居なくなったことで警戒モードをマックスにして私達を遠ざけて居ました。

2週間程パソコンに向かう事も出来ず過ごして居りましたが ふっと思い出したのです。

以前友人が富士丸のブログでペットロスを克服したことを。

富士丸に元気を貰おうと思い富士丸のブログを開いて 目にしたのは 富士丸の急死の文字でした。

富士丸・・・お前もか・・・。

悲しくて 涙も出ず 只只 むなしく悲しく虚脱感が増すだけでした。

Photo ふざけたイラストとお怒りの方もいらっしゃるかも知れませんが お許しください。

今は ここまで回復することが出来ました。

ミックも富士丸も2匹とも大好きでした。

2匹の事は忘れる事は ないと思います。

| | コメント (2)

2010年2月13日 (土)

ご心配おかけしています

長い間 ブログをお休みしてご心配おかけしました。

リンも私も元気に過ごしております。

P1040671 ミックが亡くなるのと前後してパソコンにトラブルが発生しましたのでネットの環境を新しくするのに3ヵ月程掛かりました。

パソコンもXPからwindows7に変えたのですが 今一使い方が解らず苦労しています。

近々コメントを下さった方々にお礼のコメントを寄せさせていただく所存です。

お休みしている間にも色々有りましたので少しずつ掲載して行きたいと思っています。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »