« 私のペットロス克服の道のり | トップページ | ドロはゴエ? »

2010年2月15日 (月)

ペットロス克服への道のり2

ミックに続いて富士丸が亡くなっている事を知り、落ち込みが倍増し

無気力状態が暫らく続きました。

しかし 私より もっと危機状態に有るのがリンで有る事に気づきました。

リンにもっと触れ合おうとしますが、リンはそれを阻み続けるのです。

ミックが居たときは もっと私たちの近くに寄って来ていたのに この時期は

まるで 貰われて来た当時の様に私たちに警戒して居るのです。

そこで私はリンの為にも私の為にも もう一匹犬を増やそうと決心しました。

以前ワンライフさんのサイトで見かけた訳ありボーダー犬を思い出したのです。

その子はミックとリンを足して割った様な雰囲気の有る気になる子でした。

Satogo さっそくワンライフさんに里親希望の申し出をして お返事を頂くのを待つ事になったのですが。

待つ間に意外な展開が起きてしまいました。

P1040716 近所で迷い犬を保護したのです。

近所の方が捕まえ町役場に引き取られ 危うく保険所行きになる所を 何とか保護したのです。

私の力では町役場の方は中々引き渡してくれず 町会議員さんに間に入って頂き無事引き出す事ができたのです。

役場の方は保険所の方が空調設備も整っているからと保険所を勧めるのですが 私は

いろんなサイトを見てきて保険所の酷い状態を把握していたので断固辞退してこの迷い犬を我が家に迎えたのです。

とても小奇麗で 甘え上手な 性格美人さんな いかつい顔に似合わない可愛い子です。

きっと この子なら可愛がって育てられているので 飼い主は探しているに違いないと

妙に 変な自身がありました。

文章が長くなったので続きはまた後日に・・・。

|

« 私のペットロス克服の道のり | トップページ | ドロはゴエ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私のペットロス克服の道のり | トップページ | ドロはゴエ? »