« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月 5日 (土)

切なすぎる話

新年明けましておめでとうごっざ居ます。

長いこと またまたブログを停滞させてしまいました。

リンは大人しくてこれと言う事件を起こすことの無い犬なので これと言うブログネタが無いのが実状です。

P1060561


変化と言えば庭に白い塀を作ったことぐらいです。

新年そうそう 切ないお話をひとつ・・・。

パート生活は年末、も新年も有りませんでした。

ホームセンター内には併設された 生体の販売が有ります。

そこに正月そうそうトイプードルの親子が展示されました。

生体販売の店員さん曰く「この子見覚えないですか?」

「以前展示していた子ですよ」

親犬を指し言いました。

お客さんが抱っこしていて落とし骨折して治療している間に成長してしまい 販売するのには

成長しすぎたので 繁殖に廻されてこの店に戻ってきたとのことです。

その話を聞き・・・余りにも切なすぎるので悲しくなりました。

今は子犬と一緒に展示されていますが 子犬が成長して母乳が要らなくなればこの子は又繁殖場に戻されるそうです。

胸が痛むお話です。

この子にはそれしか生きる道は無かったのです・・・。

骨折さえしていなかったら この子も又ちがった人生いえいえ犬生があったでしょうに・・。

ペットコーナーには様々な犬連れ飼い主さんがやって来ます。

どのワンちゃんも幸せそうです。

ひとつ違えばその子達も違う犬生です。

母犬も 繁殖場に戻らなくて良い様に展示中に買い手が見つかるのを祈るばかりです。

| | コメント (4)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年3月 »